topimage

2018-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暖炉の炎 - 2018.05.22 Tue

月一のブログ更新のお時間です。
おーっと!もう6月じゃないですか!?あははは!
まあ例に漏れずあんまり進んでないんですけどね~。
ですが、思い描いていた暖炉の部分が完成しました。

まずは薪です。

木っ端をバーナーで焼きました。
そのあと崩壊を防ぐためにニスを塗布。
アクリル絵の具で灰の表現を施しました。

埋め込んだ電飾の上に薪と灰(モデリングペースト)を被せて…と。
電飾に火を…いや灯を入れました。


おぉ…!
どうぞ、動画でご覧下さい。


ご覧下さい、暖炉です!(スマホでアップしたけどちゃんと見れるんかな?)
やっと思い描いていた表現が出来て嬉しいです。

しかし、喜んでる場合ではありません。
まだ完成してないのですから。
現在、棚に並べる品々を絶賛製造中です。頑張ろう!
スポンサーサイト

暖炉のお供 - 2018.04.13 Fri

月一のブログ更新がやってまいりました…が、3月は更新できませんでした。
ちょっと忙しかったもので申し訳ありません。
仕事やらクライミングやら野暮用やらなんやらかんやら、もうちっとも進みません。
今もちょっと忙しいのですが、思い立ったが吉日で更新しています。
しかし…、夏には完成させようと思っているのに、これでは来年の夏になってしまいますなぁ。

なにわともあれ、ちょっと時間は経っていますが作ったものをご紹介します。
暖炉周りの備品を作りました。


鍋を火にかけるブラケット(?)と鉄鍋です。
ホンモノのブラケットはアームを回転させることができるのですが、これはできません。許して。
ブラケットはプラパイプと厚紙、鉄鍋は石塑ねんどと紙、針金、アクセサリー用丸カンを使っています。
それをアクリル絵の具や盛上げメディウムを使ってそれらし〜く塗装しました。


火ばさみとスコップと灰ほうきです。
プラ棒と紙とシュロ縄を使って、アクリル絵の具でゴニョゴニョ仕上げました。
鋳物っぽさを醸し出してみたのですが、できてるかな?
普通はツールスタンドみたいなモノに吊るして収納するんでしょうけど、無造作に置いてあるのもいいかも。
スタンドを作るのが面倒くさいわけじゃないのよ、雰囲気よ雰囲気!


あと、本を作りました。
豆本ですね。
まだ汚しを入れていないので新品ですが、もうちょっと古さを醸し出したいのです。

小さな家具 - 2018.02.09 Fri

お約束の1カ月に一度のブログ更新が1月がおそろかになったので、2月は2回更新します。
これは2回目の方です。よしよし。



去年末から家具を作っていました。
まだ完成していないのですが、とりあえず紹介したいと思います。



ウェルシュドレッサーです。
ウェルシュドレッサーとはいつも使う食器や調味料を取り出しやすい状態にしてある食器棚のことだそうです。
ヨーロッパ・アンティーク家具のサイトで見つけたので、それを参考に作りました。
引き出しも扉も開きません。許してください。



ロッキングチェアは思いつき作りました。
はっきり言いまして、ミニチュアでロッキングチェアなんぞ思いつきで作るものではありません。
えらいものに手を出したものです。
しかも、技術力がないのであまり細工のしてあるロッキングチェアは作れないし、当てずっぽで作れる代物でもありません。
さてどうしたものか。
そこで、ネット検索してデザインがシンプルな飛騨のとある家具メーカーさんのロッキングチェアを参考にさせていただきました(訴えないで~)
まぁ、参考にしたとは言うものの、基本的なサイズだけであとは自分で考えねばなりませんでしたが。



しかしパーツが多い…そして訳がわからない(下地に黒のジェッソを塗ってあります)
組み立ては指がつりそうになりました。
いやはや、本物の家具職人さんはすごいなぁと思います。
もちろん、ちゃんと揺れますよ!



ワインテーブルです。
名前の通り、ワインとグラスが乗るくらいの小さなテーブルです。
ロッキングチェアのお供のテーブルが作りたかったのですが、わざわざ3本脚にしてみました。
だってアンティークのネットショップに3本脚のワインテーブルがあったんだも~ん!
でもね、やっぱり4本脚の方が作りやすいと思うの。
やっぱりバカね、私。



これらの家具まだ仕上げの塗りと汚しができていません(変な表現だな)
仕上がった状態でブログにアップしたかったのですが、また月をうっかりまたぎそうだったので…。
さて、これらの家具に乗せるものを作りたいところですが、先に仕上げたいものがあるのです。
では、また来月。

自作スプレーブース - 2018.01.24 Wed

2018年もとっくにあけましておめでとうございます。てか、もう2月ですがな。
はい、1ヶ月に一度のお約束のブログ更新です。
先月は更新できなかったので2月は2回あげますよ。

今回はミニチュア創作ではなく工作のお話です。

ミニチュアとか模型とか塗装するのにエアブラシを使いたいのですが、揮発性の溶剤を使うので部屋中が臭くなってしまうのが悩みのタネでした。
ネコもいるし、自分も化学物質アレルギーを持っているので、気軽にエアブラシが使えません。
そんなモデラーのために「スプレーブース」という換気装置が売っています。
スプレーブース
画像はタミヤさんからお借りしました。
お値段はメーカーにもよりますが、概ね1万円~2万6千円以上します。
貧乏人にはちょっと辛いお値段です。
でも、エアブラシ使いたい!創作したい!

というわけで、お安く作ることにしました。

はい、ここから工作レポートです。
長いですがおつきあい下さい。

まずは、概念図をご覧ください。
換気ブース

換気ファンには「シロッコファン」と「プロペラファン」の2種類のタイプがあります。
普通のスプレーブースには「シロッコファン」という羽が円筒形に並んだファンが使われています。
最近の家庭用換気扇はこのシロッコファンが採用されていて、音も静かです。
ただ、シロッコファンは高いので、予算的に普通のプロペラ式の換気扇を採用するほかありません。
そして、塗料汚れがつきにくいようブースから換気扇を遠ざける配置にしました。
プロペラ式は吸い込み方式なのでこっちのほうが効率が良いとの説もあったのでこっちを採用。
でも、電源が外にいるんだよね。これ。(延長コードでクリア)

なお、自作スプレーブースの予算は5000円台。

で、実際に使った材料です(金額は税込)
・家庭用換気扇(15cmタイプ)…2600円
・アルミダクトΦ75(3m)…580円
・衣装ケース…588円
・樋継ぎ手 Φ75…298円
・エアコン用ジョイント Φ75…298円
・植木鉢の受け皿…108円
・ボウル…108円
・不織布フィルター(3枚入り)…285円
・養生テープ…198円
・コーキング、接着剤など…家にあったので0円

合計4865円(税込)になりました。
このために一週間ほどホームセンターめぐりしたましたよ。


まずは、植木鉢の受け皿とミニボウルを換気扇に設置します。
なぜ、2種類組み合わせるかと言うと、いい大きさのボウルが無かったからです。
この二つで換気扇のフードを構成します。


植木鉢の受け皿の底を抜いて換気扇に接着し、隙間を発泡スチロールで埋めコーキングしました。


そのあと底を抜いたボールに樋継ぎ手を接着し、受け皿と接合。
換気扇は大きいほど風量が大きくなりますが、コンパクトにしたかったので小さな15cmサイズです。


塗装ブースとなる衣装ケースの底にも穴を開けるのですが、構造上、糸鋸が使えないので「手糸ノコ」でがんばりました。
指が死にそうでした。


開けた穴にエアコン用ジョイントを差し込みます。
衣装ケースに接着するといいのですが、全ての部品をこの衣装ケースに仕舞いたいので、抜き差し自由にしてあります。
塗装ブース(衣装ケース)の中を空気の流れがいいように加工したかったのですが、予算の都合上できませんでした。
まあ、ダンボールで構築してもいいんですけどね。
ダクトホースとの各接合部は養生テープでとめます。
なぜ養生テープなのかというと、先程も書いたように解体して仕舞えるようにするため、取り外しが用意なテープのほうが都合がいいからです。
仕舞わなくてもいいのならダクトテープでガッチリとめたいところですが、狭い家なのでそうもいきません。


試運転してみると、ちゃんと吸い込むことを確認しました(白いのは裂いたティッシュね)


全体像です。
カメラに収まるようU字に曲げてありますが、換気扇部分は外に出します。
ここに不織布のフィルターを取り付ければ完成です。

ブログの更新を優先したので使用していません。
また、そのうちレポートしたいと思います。
長々と工作レポにお付き合いいただきありがとうございました。

ゆく年、来る年 - 2017.12.20 Wed

2017年も終わろうとしています。
今年は色々と忙しい年でした。
お葬式は多いし、身内は怪我や病気になるし、悪いことが重なりました。
悪いことは目立つので重なると不穏な感じになりますが、年齢的にそういう状況になるのも仕方ないなぁと割り切っています。

fc2blog_20170724123906d51.jpg

7月にはフォロワーさんのリクエストにより、ゆかたまつりの手作りブースに出店もいたしました。
久々の出店で準備がてんやわんやでしたが、それに合わせて「ネコのピザ屋さん」を作りました。
ピザの資料を探したり、楽しい創作でした。

fc2blog_201707241238310e2.jpg

これを見た方に「うちのピザ窯とよく似てるよ」と言ってもらいました。
作ったミニチュアと本物と似ているなんてとてもうれしいですが、自宅にピザ窯あるってすごいなぁ。
しかも自作ですよ。ミニチュアで作るよりすごいことです!
うぅー、ピザ食べたい!(垂涎)

この出店で萎えていた創作熱に火が付いて、今のミニチュアを頑張っているのですが、どうも時間が取れません。
創作的にはもどかしい半年でした。

ミニチュアとは関係ありませんが、資格を取るのに2週に渡って講習を受けに遠方へ一人で出掛けました。
普段は乗らない電車を乗り継いだり、格安ゲストハウスに生まれて初めて泊まったり、したことが無いことをたくさんやったので、私的には「大冒険」でした。



しかも偶然にもキングマツコにも出会えたし!(マツコ・デラックスの番組で制作したマツコ風の怪獣です)
一駅歩いたら偶然に出会えました。
こういう発見は楽しいですね。

忙しさのしわ寄せは、野外活動に影響がありました。
今年は山登りや岩登りはあまり行けませんでした。
それにも増して、お天気が随分と影響したように思います。



秋に三周ヶ岳に行こうとしたら橋が流されて無くて、仕方なく渡渉したらその先の橋も流されていて、引き返してきたこともありました。
2週連続で台風が来ていたので、山も影響は隠せないようでした。

毎年の目標ではあるのですが、来年も創作がんばりますよ。
今やってるミニチュアも夏までには完成させたいと思います。
じっくり思い描いた作品を作っていきたいと思います。
2018年もよろしくお願いします!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

たま屋*にっき水

Author:たま屋*にっき水
夜な夜なミニチュアを作っては、フフフとほくそ笑む痛い人間です。現在は趣味の範囲で作っていますが、これで飯が食えたらな~と、密やかな野望を抱いております。
山にも行きます。行かないと死にます。許してください。
絵も描きます。画風とかそんなのは持ち合わせてませんが、挿絵から壁画まで依頼されたらなんとかします。

たま屋に連絡とりたい方は、下のメールフォームからお願いしますね(このカラムのかなり下の方です。ただしリアルタイムでお返事できません。すぐに連絡を取りたい方はTwitterがおススメです)

つぶやいてます

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ねんど(ミニチュア) (145)
出前シリーズ (15)
洋食屋さんシリーズ (5)
ドールハウス (32)
ウェディングケーキ (19)
ウミウシ創作 (8)
消しゴムはんこ (10)
山! (51)
出店報告 (29)
GIFあにめ (4)
いろいろと (72)
テント壁画 (9)
ごあいさつ (2)
初心者盆栽 (1)
創作 (6)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

月別アーカイブ

05  04  02  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  01  11  10  09  05  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。