topimage

2014-10

たい焼きができるまで - 2014.10.31 Fri

フリマなどでミニチュア作品を売っていてよく思うことなのですが、たま屋で売っている品物が「手作り」だということをお客さんが気づいてくれません。
なので、下世話ではあるのですが、わざわざ「手作りなんですよ」とアナウンスしてます。
でも、工業製品ではないことをアピールしないと、自分のやっていることの価値がないような気がしてしまいます。


だからという訳ではないのですが、たま屋で売っている「たい焼き」の製造工程をご紹介したいと思います。
ブログを見てくださっている方はご存知かと思いますが、ブログの更新ついでに(おい!)ここでおさらいです。


本物のたい焼きを買ってきて採寸します。
たい焼き原型
採寸を元に縮小率を決め、石粉粘土を固めてカッターなどを駆使して原型を彫ります。
ちょっと彫りは深めにしました。
成形
作った原型で型を取ります。
ブルーミックスという粘土状のシリコーンを使っています。
ここに樹脂粘土を挟んでぎゅーっとするとたい焼きの形に成形できます。
餡と生地
中はちゃんとつぶ餡と漉し餡が入っています。
あんこが透けたり、型から生地がはみ出すぐらいがリアル感が出ますね。
本物のたい焼きなら焼き色がつきますが粘土なのでそうはいきません。
乾燥後、焼き色を着け、ヒートンという吊元金具をつけて完成です。

最近は粘土を挟むだけで成形ができる型が市販で売っています。
苦労して原型から作っているのがアホらしく思える時代になってきました。
ですから、市販の物に無いオリジナリティの作品が出せるか、それが自分の課題だと考えています。
なので、私が“奇行”に走っても笑って見ていてください。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

たま屋*にっき水

Author:たま屋*にっき水
夜な夜なミニチュアを作っては、フフフとほくそ笑む痛い人間です。現在は趣味の範囲で作っていますが、これで飯が食えたらな~と、密やかな野望を抱いております。
山にも行きます。行かないと死にます。許してください。
絵も描きます。画風とかそんなのは持ち合わせてませんが、挿絵から壁画まで依頼されたらなんとかします。

たま屋に連絡とりたい方は、下のメールフォームからお願いしますね(このカラムのかなり下の方です。ただしリアルタイムでお返事できません。すぐに連絡を取りたい方はTwitterがおススメです)

つぶやいてます

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ねんど(ミニチュア) (137)
出前シリーズ (15)
洋食屋さんシリーズ (5)
ドールハウス (31)
ウェディングケーキ (19)
ウミウシ創作 (8)
消しゴムはんこ (10)
山! (51)
出店報告 (29)
GIFあにめ (4)
いろいろと (72)
テント壁画 (9)
ごあいさつ (1)
初心者盆栽 (1)
創作 (6)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  01  11  10  09  05  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR