topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よいこの登山のお約束 - 2012.08.02 Thu

先月半ば。
鈴鹿山系の御池岳付近で男性が遭難し、6日ぶりに救助されたニュースがありました。
その時の顛末記が、ご本人によってブログで報告されていたので読んでみました。
ヤマレコ内でも報告されているようで、かなりの反響を呼んでいました。
行動に不可解な点も多数ありましたが…よく生きてられたね、という感じでした。
そして、文中に出てくるR氏は一体…?

その顛末記のリンクを張っておきます。
ちなみに、記録の中に「ハエ幼虫症」という事象が出てきます。
グロ系が苦手な方は読むのを控えてください。食欲なくなりますから。

山岳遭難記録 〜鈴鹿 御池岳ゴロ谷での6日間〜 - パーキンソン病の山登り“yucon”の登山と闘病の記録

その顛末記や、ブログ内にあったそれ以前の記事を読んで、色々考えがふつふつと涌いてきました。
それを文字にしないといられなかったので、ここにUPしました。
あー、ちょっとすっきりした。
お暇だったら読んでください。



登山を始めた人って「自分はまだ本格的な登山者ではない」と言って、服装や装備、知識が中途半端だったりします。
誰だって、最初はなかなか登山道具を揃えられないものです。
しかし、どんな低山であっても登山をすれば、みんな立派な登山者です。
そして、みんな等しく遭難することがあり得ます。
ですから、最低限の知識、準備、装備を持って入山しなければならないと思います。
回を重ねるならば、なおさらです。

そこで、初心者向けの「よいこの登山のお約束」をまとめてみました。
これを守れば遭難しないかといったら、そうでもありません。
意識として持っていただければ幸いです。




『よいこの登山のお約束』

1.「いつ、誰と、どこへ行く」を事前に計画しましょう
基本です。
その登山コースが自分の力量に見合っているか、時期は適当かも含めてよく検討し計画しましょう。
そして、最低でも家族にぐらいはその計画を伝えておきましょう。
誰にも伝えることができない場合は、登山には行かないでください。

2.服装や装備はしっかりと
どんな高山であっても日帰りの低山であっても、遭難してしまうことがあります。
山中で一泊しても我慢できるくらいの服装や装備は持ちましょう。
必要な装備は山の専門誌や本で調べるか、山道具店で聞き、それらを漏らさず用意します。
装備の用意が出来るまで、山登りは控えてください。

3.とりあえず地図とコンパスを持ちましょう
同行者の判断や、登山道の道しるべは正しい方向を指しているとは限りません。
地図とコンパスは携帯して、できるだけ使えるようにしておくと安心です。
ガイドブックやパンフレットは迷う元なので、活用してはいけません。
もし、地図・コンパスも使えなければ、便利なGPSを使いましょう。
地図・コンパスもGPSも使えないようならば、山登り自体をやめてください。

4.単独山行は控えましょう
何らかのアクシデント発生時に助けてもらうため、できるだけ同行者と一緒に登りましょう。
ですが、歩くのが早くて姿が見えなくなる人や、「ケガをするのも自己責任」だとして、負傷した同行者を放置する考えの人も実際にいます。
なので、同行者の選択は慎重にした方が身のためでしょう。
やむを得ず単独山行をする場合は、それなりの装備と覚悟を持ってください。

4.早出を心がけましょう
遅い出発はいけません。
山では何が起こるかわかりませんから、時間は余裕を持った方が無難です。
15時ごろまでに最終地点(ゴール)に到着するようにし、それらは登る前にシュミレーションしておきます。
行動は明るいうちにするのが鉄則と考えてください。

5.知らない人についていかない
山に詳しい人が同じルートを歩いているとわかると、その不安さからついていきたい衝動に駆られます。
しかし、その人は自分のことを最後まで面倒見てくれる人だとは限りませんし、本当は詳しくない人かもしれません。
特にコースタイム以上に早く歩けることや、たくさん山に登ったことをやたら自慢する人は要注意です。
もし、その場で「一緒に行きましょう」と誘われてもできるだけ断ってください。
また、自分からも誘わないようにしましょう。
大丈夫、どうせ知らない人です。

以上




他にもいっぱい言いたいことはありますが、これくらいにしておきます。

では、ご安全にー。

● COMMENT ●

読みましたー
遭難経験のない私(もちろん、一生したくない)には、ほんまに??と思うことばかりです。
そして、同じくR氏って?思いました。

Re: タイトルなし

☆きょろさん
遭難経験者でも「??」と思うところ満載です。
だいぶんおかしいですよね。
そして、R氏は死神なのかも…。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

☆非表示様
コメントありがとうございます。
楽しい山行にするためにも、あの遭難者みたいにはならないよう
意識を持ちたいものですね。

おひさしぶりです。
山岳遭難記録、読ませていただきました。背筋のぞっとするような話ですね。
「よい子のお約束」はハイキング仲間にも配らせていただきたいと思います。
何よりまず私自身が気をつけないと・・・ (--;)

Re: タイトルなし

☆たかしんさん
おひさしぶりです。
お加減いかがですか?(すみません、気づくのが遅かった…)
リンク先の遭難記での数々の問題点は、
まとめて起こらないものの、よく山で見られるケースだと思います。
それを元に登山初心者に向けて「よい子の登山のお約束」を考えましたが、
初心者のみならず、ベテランも襟を正さなくてはいけないと感じました。
あの様はなりたくないですからね(^^;;


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://tamayablog.blog.fc2.com/tb.php/206-b2acfaa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

原型作り(まだ途中) «  | BLOG TOP |  » 赤兎山に行ってみた

プロフィール

たま屋*にっき水

Author:たま屋*にっき水
夜な夜なミニチュアを作っては、フフフとほくそ笑む痛い人間です。現在は趣味の範囲で作っていますが、これで飯が食えたらな~と、密やかな野望を抱いております。
山にも行きます。行かないと死にます。許してください。
絵も描きます。画風とかそんなのは持ち合わせてませんが、挿絵から壁画まで依頼されたらなんとかします。

たま屋に連絡とりたい方は、下のメールフォームからお願いしますね(このカラムのかなり下の方です。ただしリアルタイムでお返事できません。すぐに連絡を取りたい方はTwitterがおススメです)

つぶやいてます

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ねんど(ミニチュア) (136)
出前シリーズ (15)
洋食屋さんシリーズ (5)
ドールハウス (30)
ウェディングケーキ (19)
ウミウシ創作 (8)
消しゴムはんこ (10)
山! (51)
出店報告 (27)
GIFあにめ (4)
いろいろと (72)
テント壁画 (9)
ごあいさつ (1)
初心者盆栽 (1)
創作 (6)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

月別アーカイブ

05  04  03  01  11  10  09  05  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。